イタリア人審判 リッツォーリ氏 見事な裁き 

 

gazzetta

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会決勝戦
試合を裁いたのは イタリア人審判団

 主審を務めたのは リッツォーリ氏 さて その評価は・・・

2002年の日韓大会の決勝を裁いた、コッリーナさん以来のイタリア人審判。
地元有力紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の リッツォーリ氏への採点は 7.5点。「ほぼ完璧」と高評価。
アシスタント・レフェリーの フェヴェラーニ氏は8点。
前半、アルゼンチン・イグアインのオフサイド(ゴール取り消し)の判定をしたステファーニ氏も 7.5点と高評価。

イタリア審判団は試合をうまくコントロールした結果、過去の決勝戦と比較しても、クリーンな試合だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA